top of page
検索
  • 執筆者の写真西川 浩樹

事業用定期借地権とは?


事業用土地

事業用定期借地権とは、事業用に限定して土地を貸し出す権利のことです。居住用以外の用途に土地を活用したい場合、事業用定期借地権を利用することで、地主は土地の所有権を維持しながら、借地人から定期的な地代を受け取ることができます。

事業用定期借地権は、借地借家法第38条の2に規定されています。事業用定期借地権の特徴は、以下のとおりです。

  • 用途が事業用に限定されている

  • 契約期間が10年以上50年未満

  • 借地権者の建物買取請求権がある

事業用定期借地権のメリット

事業用定期借地権を活用するメリットは、以下のとおりです。

  • 土地を有効活用できる

事業用定期借地権を利用することで、地主は土地の所有権を維持しながら、借地人から定期的な地代を受け取ることができます。また、借地人は建物を自由に建て替えることができるため、土地をより有効に活用することができます。

  • 将来の土地利用を柔軟に考えられる

事業用定期借地権は、契約期間が10年以上50年未満と比較的長いため、将来の土地利用を柔軟に考えることができます。例えば、10年後に別の土地活用方法を検討している場合、短期で契約することができます。また、50年後に更地に戻したい場合、長期で契約することができます。

  • 借地人の倒産リスクを軽減できる

事業用定期借地権では、借地権者の建物買取請求権があります。借地人が倒産した場合、地主は建物を買い取ることで、建物解体費用を負担する必要がなくなります。


事業用定期借地権のデメリット

事業用定期借地権を活用するデメリットは、以下のとおりです。

  • 借地人の選定が重要

事業用定期借地権は、長期にわたって契約されるため、借地人の選定が重要です。信頼できる企業を選定することで、契約期間中のトラブルを回避することができます。

  • 契約条件を明確にしておくことが重要

借地権の設定料、地代、契約期間などの契約条件は、明確に定めておく必要があります。また、借地権者の建物買取請求権についても、契約書に明記しておきましょう。


事業用定期借地権の活用方法

事業用定期借地権は、以下ののような土地に活用できます。

  • 大型店舗

  • ホテル

  • 工場

  • 倉庫

  • 駐車場

事業用定期借地権を活用する際には、以下の点に注意が必要です。

  • 借地人の事業内容や規模を考慮して、適切な契約期間を設定すること

事業用定期借地権は、契約期間が10年以上50年未満と比較的長いため、借地人の事業内容や規模を考慮して、適切な契約期間を設定することが重要です。

  • 借地人の建物買取請求権を活用すること

借地権者の建物買取請求権は、借地人が倒産した場合に、地主が建物を買い取ることができる権利です。この権利を活用することで、地主は建物解体費用を負担する必要がなくなります。

  • 定期的に借地人を訪問して、事業状況を把握すること

事業用定期借地権は、長期にわたって契約されるため、定期的に借地人を訪問して、事業状況を把握しておくことが重要です。借地人の事業状況が悪化している場合は、契約内容を見直す必要があるかもしれません。


事業用定期借地権は、事業用に土地を活用したい場合に有効な手段です。地主は、事業用定期借地権を活用することで、土地の有効活用、将来の土地利用の柔軟性、借地人の倒産リスクの軽減を図ることができます。



LINE公式アカウント



閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page