top of page
検索
  • 執筆者の写真西川 浩樹

不動産を高く売るコツ ~不動産専門家が教える10の秘訣~


不動産価格上昇

不動産を売却する際には、できるだけ高く売りたいものです。しかし、不動産の売却価格は、さまざまな要因によって左右されます。そのため、不動産を高く売るためには、事前にしっかりと準備をしておく必要があります。

本記事では、不動産専門家として15 年以上の経験を持つ私が、不動産を高く売るための10の秘訣をご紹介します。


1. 相場を把握する

不動産を高く売るためには、まず相場を把握しておくことが大切です。相場を把握することで、自分の物件が適正価格で売りに出されているかどうかを判断することができます。

相場を調べるには、不動産情報サイトや不動産会社に査定を依頼するのが一般的です。複数の不動産会社に査定を依頼して、相場を比較検討しましょう。

2. 物件をきれいに整える

不動産を売りに出す際には、物件をきれいに整えることが大切です。汚れや傷を修繕して、清潔感のある印象を与えましょう。

また、室内は明るい照明で照らし、広く見せる工夫をしましょう。家具や雑貨は、必要最低限のものだけを置いて、スッキリとした印象を与えましょう。

3. 内覧の準備をする

不動産を売りに出す際には、内覧の準備をしっかりとしておきましょう。内覧時に買主が気になる箇所を事前に把握しておき、対策を講じておくことで、好印象を与えることができます。

例えば、築年数が古い物件の場合は、経年劣化による傷や汚れを修繕しておきましょう。また、ペットを飼っていた場合は、ペット臭対策をしておきましょう。

4. 適切な売却時期を選ぶ

不動産を売却する際には、適切な売却時期を選ぶことも大切です。一般的に、不動産の売却相場は、春から夏にかけて高くなる傾向があります。また、新築物件の供給量が少ない時期も、売却しやすい傾向があります。

5. プロの力を借りる

不動産を売却する際には、プロの力を借りるのも一つの方法です。不動産会社は、相場や売却戦略などについて豊富な知識と経験を持っています。

不動産会社に依頼することで、よりスムーズに、高く売却できる可能性が高まります。

6. 売却価格を決める

不動産を売却する際には、売却価格を決める必要があります。売却価格は、相場や物件の状態などを考慮して、慎重に決めましょう。

売却価格を決める際には、不動産会社に相談するのも一つの方法です。不動産会社は、相場や売却戦略などについて豊富な知識と経験を持っています。

7. 広告を出す

不動産を売却する際には、広告を出して多くの人に物件を知ってもらうことが大切です。不動産情報サイトや新聞、チラシなど、さまざまな媒体で広告を出すことで、より多くの人に物件をアピールすることができます。

8. 交渉に応じる

不動主は、買主との交渉に応じることも大切です。買主から価格交渉や条件変更の提案があった場合は、柔軟に対応しましょう。

ただし、売却価格を大幅に下げるような交渉には応じないようにしましょう。

9. 買主との信頼関係を築く

不動産を売却する際には、買主との信頼関係を築くことが大切です。買主の希望やニーズをしっかりと理解し、誠実に対応しましょう。

また、内覧時には、買主の質問に丁寧に答えるようにしましょう。

10. 売却後の手続きをする

不動産を売却した後は、売却後の手続きをしっかりと行うことが大切です。売買契約書の作成や、税金の支払いなど、さまざまな手続きが必要になります。

また、不動産会社に仲介を依頼した場合には、仲介手数料の支払いも必要になります。


以上、不動産を高く売るための10の秘訣をご紹介しました。これらの秘訣を参考にして、ぜひ高く不動産を高く売りましょう。



LINE公式アカウント



閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page