top of page
検索
  • 執筆者の写真西川 浩樹

もう相続で揉めない! 家族信託で賃貸経営を安心・安全に承継しよう


家族信託

多くの大家さんにとって、築き上げた賃貸経営を「家族に安心して引き継ぎたい」という思いは共通しているのではないでしょうか。しかし、相続問題は複雑で、いざという時に揉めてしまうケースも少なくありません。

そこで今回は、家族信託という画期的な仕組みを活用した賃貸経営の承継方法について解説します。家族信託は、認知症対策や相続税対策にも有効な手段として注目を集めており、まさに「未来への備え」となるのです。

1. 家族信託とは?

家族信託とは、「財産の所有権と管理権を分離する」仕組みです。所有者である「委託者」が、信頼できる家族や専門家である「受託者」に財産の管理を託します。受託者は、委託者の指示に従って財産を管理し、受益者である家族に利益を分配します。

2. 賃貸経営における家族信託のメリット

2.1 認知症対策

委託者が認知症になっても、受託者が代わりに賃貸経営を継続できます。

2.2 円滑な承継

事前に承継者を指定しておけるため、相続時の争いを防ぐことができます。

2.3 相続税対策

信託財産は相続財産とは別の扱いになるため、相続税を節税できる可能性があります。

2.4 柔軟な運用

受益者への利益分配方法や、信託期間を自由に設定できます。

3. 賃貸経営における家族信託の活用例

3.1 高齢の大家さん

認知症が心配な高齢の大家さんは、家族信託を活用することで、安心して賃貸経営を継続できます。

3.2 相続争いを防ぎたい大家さん

複数の相続人がいる場合、事前に承継者を指定しておくことで、相続争いを防ぐことができます。

3.3 相続税を節税したい大家さん

信託財産を有効活用することで、相続税を節税できる可能性があります。

4. 家族信託の注意点

4.1 専門家のサポートが必要

家族信託は複雑な制度なので、専門家のサポートを受けることが重要です。

4.2 信託費用がかかる

信託契約の締結や信託財産の管理には、費用がかかります。

4.3 信頼できる受託者を選ぶ

受託者は、財産の管理責任を負うため、信頼できる人物を選ぶことが重要です。


家族信託は、賃貸経営を安心・安全に承継するための有効な手段です。メリットとデメリットを理解した上で、専門家のサポートを受けながら活用することをおすすめします。



閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page