top of page
検索
  • 執筆者の写真西川 浩樹

【マンション相続税】評価額が大幅改正!相続対策は急務?


マンション相続税

2024年1月1日より、マンションの相続税評価額が改正されます。従来の評価方法では、市場価格の3割程度に評価されていたものが、改正後は最低でも6割程度まで引き上げられることとなります。 この改正は、マンションの市場価格と相続税評価額との乖離が大きく、相続税負担が実態に即していないという問題に対する対応です。また、相続税の公平性を確保し、不動産投資の抑制を図る狙いもあります。

改正の概要 改正後の評価方法は、大きく分けて以下の2つです。

  • 評価水準が0.6未満の場合

評価水準とは、評価額と市場価格の比率のことです。評価水準が0.6未満の場合、評価額は市場価格の6割まで引き上げられます。

  • 評価水準が0.6以上の場合

評価水準が0.6以上の場合、評価額は市場価格と評価水準の比率で計算されます。 今後の流れ 改正後は、マンションの相続税評価額が引き上げられ、相続税の負担が増加することになります。そのため、相続対策の重要性が高まると考えられます。 具体的には、以下の対策が考えられます。

  • 贈与による相続税の繰り延べ

相続税は、被相続人が亡くなったときに課税されます。そのため、相続税の負担を軽減するためには、被相続人が生きているうちに贈与を行うことで、相続財産を減らすことができます。

  • 小規模宅地等の減額特例の活用

小規模宅地等の減額特例は、被相続人が居住していた宅地や事業用宅地などの評価額を減額できる特例です。この特例を活用することで、相続税の負担を軽減することができます。

  • 相続税対策保険の活用

相続税対策保険は、相続税の負担を軽減するための保険です。この保険に加入することで、被相続人の死亡時に相続税を支払うための資金を準備することができます。

市場への影響 改正後は、マンションの相続税評価額が引き上げられ、相続税の負担が増加することになります。そのため、マンションの売却価格や賃料に影響を与える可能性があります。 具体的には、以下の影響が考えられます。

  • 売却価格の上昇

相続税の負担が増加することで、マンションの売却を検討する人が出てくる可能性があります。そのため、マンションの売却価格が上昇する可能性があります。

賃料の上昇

相続税の負担が増加することで、マンションの所有者が賃料を上げて収益を増やす可能性があります。そのため、マンションの賃料が上昇する可能性があります。 マンションの相続税評価額改正は、相続税の負担の公平性を確保し、不動産投資の抑制を図るためのものです。改正後は、相続税の負担が増加するため、相続対策の重要性が高まります。また、マンションの売却価格や賃料にも影響を与える可能性があります。



Comments


bottom of page