top of page
検索
  • 執筆者の写真西川 浩樹

空き家放置はNG!解体で地域貢献&補助金ゲット!?空き家マイスターが徹底解説



補助金

空き家所有者の方、こんなお悩みはありませんか?

  • 遠方に住んでいて管理が難しい

  • 老朽化が進み、倒壊の危険がある

  • 相続した空き家をどうすればいいかわからない

  • 売却を試みたが買い手がつかない

空き家を放置すると、倒壊の危険や害虫被害など、周囲への迷惑だけでなく、固定資産税の増加など、所有者にとってもデメリットが大きくなります。

しかし、空き家を解体すれば、これらの問題を解決できるだけでなく、自治体から補助金を受けられる可能性があります。

本記事では、空き家マイスターである私が、空き家解体のメリットと、自治体の補助金制度について詳しく解説します。


1. 空き家解体のメリット

  • 安全性の向上:倒壊の危険がなくなり、周囲への迷惑を防ぐことができます。

  • 害虫被害の防止:ゴキブリやハクビシンなどの害虫の住処となるのを防ぎます。

  • 固定資産税の軽減:解体後は土地のみの課税となり、固定資産税が大幅に軽減されます。

  • 地域貢献:空き家問題の解決に貢献し、地域の活性化につながります。

  • 売却・賃貸の可能性:更地にすることで、売却や賃貸がしやすくなる可能性があります。


2. 自治体の補助金制度

多くの自治体では、空き家解体費用の一部を補助する制度を設けています。

  • 補助金の額:解体費用のおよそ1/5~1/2程度が支給されます。

  • 対象となる空き家:地域や空き家の状況によって異なりますが、一般的に以下の条件を満たす必要があります。

  • 長期間使用されていない

  • 倒壊の危険がある

  • 周辺の環境に悪影響を与えている


3. 補助金制度の活用方法

  • 自治体のホームページで確認:各市町村のホームページには、補助金制度の概要や申請方法などが掲載されています。

  • 空き家相談窓口に問い合わせ:多くの自治体では、空き家に関する相談窓口を設けています。専門家に相談することで、補助金制度の活用方法について詳しく教えてもらえます。


4. 空き家解体をお考えの方へ

空き家解体は、専門業者に依頼する必要があります。

  • 複数の業者から見積もりを取る:費用やサービス内容を比較して、最適な業者を選びましょう。

  • 悪徳業者に注意:法外な費用を請求したり、契約内容を曖昧にしたりする悪徳業者も存在します。


空き家は放置せず、解体することで多くのメリットを得ることができます。

自治体の補助金制度を活用すれば、費用負担を軽減しながら解体を進めることが可能です。

空き家問題でお悩みの方は、ぜひ空き家マイスターにご相談ください。

専門知識と経験に基づいて、最適な解決策をご提案いたします。

空き家問題は、所有者だけでなく、地域全体に関わる問題です。

空き家解体を通じて、安全で快適な街づくりに貢献しましょう。



閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page