top of page
検索
  • 執筆者の写真西川 浩樹

空き家放置、どうなん?どうなるの?


空き家

空き家問題は、日本が抱える大きな課題の一つです。総務省の統計によると、2023年3月末時点で、空き家は全国で846万戸にのぼり、住宅総数の13.6%を占めています。

私は、不動産業者として空き家問題に取り組んでいます。空き家を放置すると、どのようなリスクがあるのかを、不動産業者としての立場から解説したいと思います。

空き家を放置すると、どのようなリスクがあるか

空き家を放置すると、以下のリスクがあります。

  • 倒壊のリスク

空き家は、人が住んでいないため、風雨や地震などの自然災害に弱くなります。また、建物の老朽化が進むと、倒壊のリスクが高まります。倒壊すると、近隣住民に被害が及ぶ可能性があります。

  • 犯罪の温床になるリスク

空き家は、犯罪に利用される可能性があります。不法侵入や放火、不法投棄などの犯罪に巻き込まれてしまう恐れがあります。

  • 害虫・害獣の温床になるリスク

空き家は、害虫や害獣の温床になります。ゴミが放置されると、ネズミやゴキブリなどの害虫が発生し、近隣住民に迷惑をかける可能性があります。

  • 資産価値が低下するリスク

空き家を放置すると、資産価値が低下します。空き家は、景観を悪化させたり、治安を悪化させたりするため、周辺の不動産価値にも影響を与えます。

空き家を放置したオーナーの責任

空き家を放置したオーナーは、以下の責任を負う可能性があります。

  • 倒壊による損害賠償責任

空き家が倒壊して、近隣住民に損害を与えた場合、オーナーは損害賠償責任を負う可能性があります。

  • 犯罪被害の損害賠償責任

空き家が犯罪に利用されて、近隣住民が被害を受けた場合、オーナーは損害賠償責任を負う可能性があります。

  • 行政指導や罰則

自治体から空き家対策の指導や勧告を受けたにもかかわらず、対応が不十分だった場合、行政から罰則が科される可能性があります。

空き家を放置しないためにできること

空き家を放置しないためには、以下の対策を講じることが大切です。

  • 空き家の管理を徹底する

空き家は、定期的に清掃や点検を行うことで、倒壊や犯罪のリスクを減らすことができます。

  • 空き家の活用方法を考える

空き家を賃貸や売却することで、資産価値を維持することができます。

  • 空き家を解体する

自治体では、空き家対策で解体の補助金や制度を用意している場合があります。


空き家を放置することは、オーナーにとっても、近隣住民にとっても、リスクを伴う行為です。空き家を放置する前に、これらのリスクをしっかりと理解し、適切な対策を講じることが大切です。

私は、空き家マイスターとして、空き家問題の解決に貢献していきたいと考えています。空き家を所有しているオーナーの方々が、空き家を放置することなく、適切に管理・活用できるよう、サポートしていきたいと考えています。



LINE公式アカウントQR



閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page