top of page
検索
  • 執筆者の写真西川 浩樹

空き家問題、もう悩まない!家族信託で未来を守る賢い選択



家族信託

近年、深刻化する空き家問題。所有者にとって大きな負担となるだけでなく、地域社会にも悪影響を及ぼします。そんな問題解決の鍵として注目されているのが「家族信託」です。

空き家問題の現状と深刻化

空き家は、管理や修繕に費用がかかり、固定資産税も発生するため、所有者にとって大きな負担となります。また、放置された空き家は、倒壊の危険性や不衛生な環境など、地域社会にも悪影響を及ぼします。

国土交通省の調査によると、2018年には全国で約846万戸の空き家が存在し、2038年には約961万戸に達すると推計されています。これは、日本の総住宅数の約38%に相当します。

空き家問題の解決策として期待される家族信託

家族信託は、所有者が財産を「信託」という仕組みで第三者に託し、その第三者である「受託者」が、受益者のために財産を管理・処分することです。

空き家問題と家族信託の関係で注目すべきポイントは、以下の2点です。

1. 所有者の意思に関係なく、空き家を適切に管理できる

所有者が認知症や高齢で判断能力が低下しても、受託者が代わりに空き家の管理や処分を行うことができます。

2. 相続発生後のスムーズな移転が可能

あらかじめ信託契約で受益者を指定しておけば、相続手続きを経ることなく、スムーズに財産を移転することができます。

家族信託の活用例

家族信託を活用することで、空き家問題を以下のように解決することができます。

1. 空き家の管理・処分

  • 受託者が空き家の管理・修繕を行い、適切な状態を維持する

  • 空き家の売却や賃貸を行い、収益を得る

2. 高齢者・障害者の生活支援

  • 高齢者や障害者が安心して暮らせるように、住まいの改修や介護費用を信託財産から支給する

3. 相続対策

  • 相続争いを防ぎ、円満な相続を実現する

  • 相続税対策として有効活用できる

家族信託の注意点

家族信託は、多くのメリットがある一方で、以下のような注意点もあります。

  • 信託契約の作成には専門知識が必要

  • 信託報酬や登記費用などのコストがかかる

  • 受託者の選任が重要

空き家問題は、所有者だけでなく、地域社会にとっても大きな課題です。家族信託は、この課題解決に有効な手段として注目されています。

家族信託を活用することで、空き家を適切に管理し、将来にわたって資産を有効活用することができます。

空き家問題でお悩みの方、相続対策を検討している方は、ぜひ家族信託について専門家に相談することをおすすめします。



閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page