top of page
検索
  • 執筆者の写真西川 浩樹

空き家マイスターに期待されるもの


空き家

空き家マイスターとは、空き家対策に関する専門的な知識と技能を有する者として認定された資格です。空き家対策は、少子高齢化や人口減少が進む日本において、重要な課題の一つです。空き家の数は年々増加しており、2023年3月末時点で全国に約820万戸の空き家があると推計されています。空き家が放置されると、倒壊や火災などの危険性があり、地域の景観や防災にも悪影響を及ぼします。

空き家マイスターは、空き家の所有者や地域住民に対して、空き家対策に関するアドバイスや支援を行う役割を担っています。具体的には、空き家の現状調査や活用方法の検討、行政や民間団体との連携などを行うことで、空き家の適切な活用や解体などの促進に貢献しています。

空き家マイスターに今後期待されるものとしては、以下の3つが挙げられます。

  1. 空き家対策の普及啓発

空き家対策は、所有者や地域住民の理解と協力が不可欠です。空き家マイスターは、空き家対策の重要性や効果を広く伝えることで、空き家対策の普及啓発に貢献することが期待されています。

  1. 空き家活用の促進

空き家を有効活用することで、地域の活性化や社会課題の解決につながります。空き家マイスターは、空き家の活用方法に関する情報提供や支援を行うことで、空き家活用の促進に貢献することが期待されています。

  1. 空き家対策の専門家としての役割の強化

空き家対策は、法律や制度の改正などによって、常に変化しています。空き家マイスターは、空き家対策に関する最新の情報を収集・分析し、専門家としての役割を強化することで、空き家対策のさらなる進展に貢献することが期待されています。


空き家マイスターは、空き家対策の専門家として、地域の課題解決に貢献する重要な役割を担っています。今後も、空き家対策の普及啓発や空き家活用の促進、専門家としての役割の強化などを通じて、空き家問題の解決に貢献していくことが期待されます。


私は、空き家マイスターとして、以下の考え方を大切にしています。

  • 空き家は地域の資源である

空き家は、単に使われていない家ではなく、地域の資源として活用できる可能性を秘めています。空き家を活用することで、地域の活性化や社会課題の解決につながります。

  • 空き家対策は、所有者と地域住民の協力によって成り立つ

空き家対策は、所有者の努力と地域住民の理解が不可欠です。空き家マイスターは、所有者と地域住民の橋渡し役として、双方の意見を尊重しながら、空き家対策を進めていくことが大切です。

  • 空き家対策は、常に変化する

空き家対策は、法律や制度の改正などによって、常に変化しています。空き家マイスターは、常に最新の情報を収集・分析し、変化に対応していくことが求められます。


このブログ記事は、空き家マイスターに期待されるものについて、私の考え方や実践例を交えて紹介しています。空き家対策に関心のある方や、空き家マイスターを目指している方に、少しでも参考になれば幸いです。



LINE公式アカウント



Comments


bottom of page