top of page
検索
  • 執筆者の写真西川 浩樹

不動産選びは防災対策も考えてみよう


防災とハザードマップ

私は不動産の専門家として、多くのお客様の住まい探しのお手伝いをさせていただいています。その中で、防災対策は住まい選びにおいて重要なポイントのひとつであると考えています。

日本は地震や火災、風水害など、さまざまな自然災害のリスクを抱えた国です。災害はいつどこで起こるかわかりません。そのため、万が一の際に備えて、住まいの防災対策をしっかりとしておくことは、自分や家族の安全を守るためにとても大切です。

不動産の防災対策には、大きく分けて「建物そのものの耐久性」「住まい手の備え」の2つの側面があります。


建物そのものの耐久性

建物そのものの耐久性を高めるためには、構造設計や施工の段階から、耐震性や耐火性、耐風性に配慮することが重要です。また、地盤調査を行い、液状化などのリスクを把握しておくことも大切です。

近年では、免震・制振構造や耐震壁、防火戸など、災害に強い建物づくりのためのさまざまな技術が開発されています。不動産を選ぶ際には、こうした技術が採用されているかどうかも確認しておくとよいでしょう。


住まい手の備え

住まい手の備えとしては、非常食や飲料水、防災グッズの備蓄、家族との連絡方法の確認などが挙げられます。また、避難経路や避難場所を把握しておくことも重要です。

自治体や地域防災協会などが実施する防災講習や訓練に参加するのもよいでしょう。いざというときに冷静に対応するために、日頃から防災に関する知識やスキルを身につけておくことが大切です。


私は、不動産の専門家として、お客様に安心して暮らせる住まいを提供することが使命だと思っています。そのため、防災対策についても、お客様にしっかりとお伝えするようにしています。

災害は、誰にも降りかかる可能性があります。そのため、不動産を選ぶ際には、防災対策が万全かどうかを必ず確認するようにしてください。また、日頃から防災に関する知識やスキルを身につけて、いざというときに備えておきましょう。

私は、お客様が災害から身を守り、安心して暮らせるお手伝いをしていきたいと考えています。



LINE公式アカウント



閲覧数:4回0件のコメント

Comentários


bottom of page