top of page
検索
  • 執筆者の写真西川 浩樹

不動産対策の決定版!家族信託のメリットと活用事例


不動産対策

不動産を所有している方は、老後の資産活用や相続対策など、様々な目的で不動産対策を検討されていると思います。

その中でも、近年注目を集めているのが「家族信託」です。

家族信託とは、委託者が自分の財産を信頼できる家族に託し、その家族が委託者の意向に沿って財産を管理・運用・処分する制度です。

不動産対策として家族信託を活用することで、以下のメリットがあります。

  • 認知症対策

認知症になると、判断能力が低下し、不動産の売却や賃貸などの管理・運用ができなくなる可能性があります。家族信託を利用することで、委託者が判断能力を喪失した後でも、受託者が委託者の意向に沿って不動産を管理・運用することができます。

  • 相続対策

相続が発生すると、不動産の評価額が大きく上昇し、相続税の負担が大きくなる可能性があります。家族信託を利用することで、不動産の評価額を下げることができるため、相続税の負担を軽減することができます。

  • 共有不動産のトラブル防止

不動産を複数人で共有していると、売却や賃貸などの意思決定が合意に至らず、トラブルに発展する可能性があります。家族信託を利用することで、受託者に一任して管理・運用を行うことができるため、共有不動産のトラブルを防止することができます。


具体的な活用事例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 認知症対策

自宅を所有している高齢者が認知症になった場合、自宅を売却して現金化して、老後の生活費に充てたいと考えるかもしれません。しかし、認知症になると、不動産の売却を自分で行うことができなくなります。家族信託を利用することで、受託者が委託者の意向に沿って自宅を売却し、現金を受け取ることができます。

  • 相続対策

不動産を複数の子供に相続したい場合、相続税の負担を軽減するために、不動産を現物分割することがあります。しかし、不動産を現物分割すると、不動産の評価額が高くなり、相続税の負担が大きくなる可能性があります。家族信託を利用することで、不動産を信託財産として設定し、受託者が不動産の管理・運用を行うことができます。これにより、不動産の評価額を下げることで、相続税の負担を軽減することができます。

  • 共有不動産のトラブル防止

不動産を複数人で共有していると、売却や賃貸などの意思決定が合意に至らず、トラブルに発展する可能性があります。家族信託を利用することで、受託者に一任して管理・運用を行うことができるため、共有不動産のトラブルを防止することができます。


不動産対策として家族信託を活用する際は、以下の点に注意が必要です。

  • 信託契約の作成

家族信託を利用する際には、信託契約を作成する必要があります。信託契約は、委託者の意向を明確に反映したものである必要があります。

  • 受託者の選定

受託者は、委託者の意向を尊重し、適切に不動産を管理・運用できる人を選ぶ必要があります。

  • コスト

家族信託を利用する際には、信託契約の作成や専門家の報酬などのコストがかかります。


不動産対策として家族信託を活用するかどうかは、ご自身の状況や目的に合わせて検討する必要があります。家族信託の専門家に相談しながら、検討することをおすすめします。

今後も、高齢化や人口減少が進むにつれて、不動産対策としての家族信託のニーズは高まっていくと考えられます。家族信託は、不動産を所有するすべての方に知っておくべき制度と言えます。





閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page