top of page
検索
  • 執筆者の写真西川 浩樹

不動産売買のトラブルを防ぐ!不動産業者による物件調査の重要性



物件調査

不動産売買は、高額な取引であるため、トラブルが起きるリスクも高くなります。そのようなトラブルを防ぐために重要なのが、不動産業者による物件調査です。

物件調査とは、不動産の概要や価値などについて調査する作業です。不動産業者は、売主から物件の情報を収集したり、現地を調査したり、役所や法務局で調査したりして、物件に関するあらゆる情報を収集します。

物件調査の目的は、以下の2つです。


  • 正しい価格で取引を実現する

  • トラブルを未然に防ぐ


正しい価格で取引を実現するためには、物件の価値を正しく把握する必要があります。物件調査によって、物件の立地や周辺環境、建物の構造や状態など、物件の価値を左右するさまざまな要素を把握することができます。

また、トラブルを未然に防ぐためにも、物件調査は重要です。物件には、売主が把握していないような問題やリスクが潜んでいることがあります。物件調査によって、そのような問題やリスクを把握することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

具体的には、物件調査では、以下の項目について調査を行います。


  • 物件の基本情報(種別、面積、所在地、建物構造、使用状況など)

  • 住宅ローンや税金などの負担

  • 法定相続人の確認

  • 賃貸借や不法占有など第三者占有の有無

  • 付帯設備や物件状況確認書の内容


これらの項目を調査することで、物件の価値やリスクを正しく把握することができます。

不動産売買を検討している方は、不動産業者に物件調査を依頼することをおすすめします。不動産業者は、専門的な知識と経験を持っており、的確な物件調査を行うことができます。

また、不動産業者による物件調査は、宅建業法で定められています。宅建業者は、物件の重要事項を売主から収集し、買主に提供することが義務付けられています。

不動産売買のトラブルを防ぐためにも、不動産業者による物件調査を活用しましょう。


不動産売買のトラブルを防ぐためには、不動産業者による物件調査が欠かせません。しかし、不動産業者によって、物件調査の質や内容には差があります。

物件調査を依頼する際には、以下の点に注意しましょう。


  • 不動産業者の経験や実績を確認する

  • 物件調査の項目や内容を確認する

  • 物件調査の結果をきちんと説明してくれるかを確認する


また、不動産業者に物件調査を依頼するだけでなく、自分でも物件の調査をしておくとよいでしょう。物件の周辺環境や交通の便、周辺の治安など、自分でも確認できる項目は、自分で調べておきましょう。

不動産売買は、一生に何度も経験するわけではありません。そのため、不動産の専門家に相談して、安心して取引を進めることをおすすめします。




Comentarios


bottom of page