top of page
検索
  • 執筆者の写真西川 浩樹

【事故物件の売却・活用術】不動産のプロが教えるポイントと注意点


いわくつきの家
事故物件の売却・活用は慎重に!

事故物件とは、自殺や殺人、火災などの事故や事件があった物件のことです。一般的な物件と比べて買い手がつきにくく、売却価格も下がる傾向があります。そのため、事故物件の売却・活用を検討する際には、事前にしっかりとした知識や準備をしておくことが大切です。


事故物件の売却・活用の注意点

事故物件の売却・活用を検討する際には、以下の点に注意が必要です。

  • 売却価格の下落

事故物件は、一般的な物件と比べて売却価格が下がる傾向があります。事故の種類や程度によって、下落幅は異なりますが、一般的には30~50%程度の下落が見込まれます。

  • 告知義務

事故物件を売却する際には、事故の告知義務があります。売買契約締結前に、事故の種類や程度、発生時期などの情報を買主に開示する必要があります。告知義務違反があった場合、売主は契約解除や損害賠償の対象となる可能性があります。

  • 周辺住民への配慮

事故物件の売却・活用を検討する際には、周辺住民への配慮も大切です。事故物件の存在が周辺住民の不安や不満の原因となる可能性があるため、売却・活用の際には、周辺住民と十分に話し合い、理解を得ることが重要です。


事故物件の売却・活用方法

事故物件の売却方法には、大きく分けて「仲介」「買取」「活用」の3つがあります。

  • 仲介

不動産会社に仲介を依頼する方法です。事故物件の売却に慣れている不動産会社であれば、適切な価格で売却できる可能性が高くなります。

  • 買取

不動産会社に買い取ってもらう方法です。仲介に比べて手続きが簡単で、すぐに現金化できるというメリットがあります。ただし、買取価格は仲介よりも低くなる傾向があります。

  • 活用

事故物件をそのまま売却するのではなく、駐車場や倉庫、店舗などとして活用する方法です。事故の印象を払拭するために、リフォームやリノベーションを行うとよいでしょう。


事故物件の売却・活用を成功させるためには、不動産のプロのアドバイスを受けることが大切です。不動産のプロであれば、事故物件の市場動向や売却・活用のノウハウを熟知しています。また、周辺住民との話し合いや交渉なども代行してくれるため、スムーズに売却・活用を進めることができます。


事故物件は、一般的な物件と比べて売却・活用が難しいものです。しかし、不動産のプロのアドバイスを受けながら、適切な方法で売却・活用すれば、成功する可能性は十分にあります。




閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page